2015年のお年玉事情

2015お年玉事情

2015年のお正月、あなたは誰かにお年玉をあげますか?
既婚者で親戚が多いと、あげる機会も多いでしょうね。
子供の世代が大人になったら、今度は孫にあげないといけなくなります。
知り合いのおばあさんは、孫とひ孫合わせて27人いるから大変だと言ってました。

スポンサーリンク

ちなみに我が家は、うちの子供たち2人と私の弟の子供たち2人だけが確定です。
夫の兄弟の子供たちはもう大人だったり遠くの県に住んでいるので、あげることもないでしょうね。
大人になるまでは、結構な額のお年玉をあげていましたが。

 

そういえば、お年玉って特に決まりはなく、いくらあげるとか誰にあげるとかはそれぞれの自由なんですが、唯一、目上の人の家を訪問するときに、そこのお子さんにお年玉をあげるのはマナー違反だと知ってましたか?
私はそんなこと全く知りませんでした。

でもお正月に目上の家を訪問するときは、なんとなく偉そうにお年玉をあげるのは失礼かな?と思い、手土産だけにしてました。
そしてそれは大正解だったようです。私の勘、すごい!(笑)

 

話がだいぶそれましたが、株式会社エイチームが行った2015年の『お年玉に関する調査』では、お年玉の平均支出総額は21,961円ということです

あげる予定がある人は全体の62%、予定がない人は38%だそうです。
県別のお年玉支出総額平均ランキングでは、あげる額が多い県は1位大分県32,875円、2位山梨県32,500円、2位福井県32,500円
下位は1位岩手県11,333円、2位広島県12,333円、3位長崎県13,300円でした。

トップと最下位の差は2万円以上!
これって、子供の数が多い県と少ない県ってことでしょうか。それともケチな県と太っ腹な県ってこと?
土地の習慣にもよるだろうし、一概にどうとは言えませんね。

 

とにかく、お年玉は自分が住んでる地域や親戚間での暗黙の掟に従うのが無難です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る