なにこのゴミ!!ハロウィンイベントで出たマナーの悪さ

ハロウィン

先日、各地でハロウィンの様々なイベントが行われたと思いますが、驚くほどマナーが悪いところもあったようですね。
一夜明けた朝、街はゴミの山だったみたいです。
ゴミだけでなく、痴漢行為などで逮捕された人もいたとか。ほんとに最低ですね。

ハロウィンのあと

楽しく騒いで終わりではなく、ちゃんとマナーを守って楽しまないと、来年からイベント自体がなくなってしまうかもしれませんよ?
そして主催者側も、きちんとマナーを守ることを呼び掛けたり、後始末をしっかりとしてほしいと思います。
主催者側も参加者もやりっぱなしなんて、タチが悪すぎますね。

 

こんな風になってしまったのも、ハロウィンの本来の意味もわからずに、ただの仮装イベントとしてとらえられているのが原因ではないかと思います。
本来ハロウィンとは、秋の収穫を祝い、悪霊を追い払うという、宗教的な意味を持つ民族行為なんです。

ハロウィンは、古代ケルトの宗教に由来します。
10月31日が一年の終わりとされていて、その日に死者の霊が家族の元に戻ってくると言われていました。日本で言うならお盆のようなものです。
そして、死者の霊とともに悪霊や精霊も来て、災いをもたらすとされていました。
そこで、悪霊たちを驚かせて追い払うために仮面をかぶるというのが変化して、変装するというイベントになったんですね。

 

決して仮装をしてバカ騒ぎをするイベントではないんです。
ワールドカップでごみを拾う日本人サポーターの姿が世界中から称賛されましたが、今回はゴミを捨てて注目を浴びています。
これぞ集団心理ですね。みんなやってるからいいや。誰が捨てたかわからないからいいや。
集団でテンション高くなると、「ええじゃないかええじゃないか」という風になっちゃうんですね。

来年もこのようなイベントがあるとしたら、きちんとマナーを守ってやってください。
日本人の美徳を失いたくないと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る