眠気を制する者は受験を制す!眠気を取る方法

受験

受験生の皆さん、毎日お疲れ様です。
ゴールまであと少しです。頑張って勝利をつかんでください。

私は第二次ベビーブーム真っ只中に生まれたので、受験にしろ就職にしろ、それはもうすごい競争でした。
大学受験とか、20倍、30倍のなか、戦ってきたのです。
だから受験生の気持ちはよくわかります。

11月だと私の場合、ひたすら過去問を解き、ひたすら暗記ものを詰め込んでいってた気がします。
学校から帰って受験勉強をする毎日の中、常に「眠気」対策に励んだものです。

そこで今回は、眠気を取るための秘策をいくつかご紹介しましょう。
■隙間時間に寝る

うたたね
眠いときって何時間も寝なくても、15分くらい机にうつぶせになって寝るだけでだいぶすっきりするものです。
授業と授業の合間に、うつぶせになって寝ましょう。
通学にバスや電車を使ってる人は、通学時間も大切な睡眠タイムです。
乗り物の中では勉強せずに頭を休めましょう。
まぁ乗り過ごしには注意が必要ですが(笑)

■カフェインの力を借りる

カフェイン
コーヒー、紅茶、緑茶など、カフェインの入った飲み物を飲むのも効果があります。
コーヒーなどは臭いをかぐだけでもいいんですが、目安は500mlのペットボトル1本を5時間くらいかけて1本飲む。
カフェインって一度にきく量はきまってるので、一気に飲むより効果が切れるたびにちょっとずつ飲んだほうがいいらしいです。

■体を動かす

ストレッチ
例えば私も自宅で部屋にこもってパソコンに向かい仕事をしていると、ものすごい眠気に襲われます。
そんなとき、気分転換にそこらへんのスーパーまで買い物に行ったり家事をすると、眠気がなくなります。
太陽の光を浴びるのも目を覚ますのにいいらしいので、日中なら外に出てみましょう。
夜間なら、部屋でストレッチとかでも結構目が覚めます。

■眠気止めの薬を飲んでみる

くすり
これ、この前試してみました。ドラッグストアとかで売ってるんですが、私が飲んだのは「トメルミン」という薬。
ライオンから出てるんですが、「運転中に」「会議中に」「勉強・仕事中に」眠気を止める。みたいなことが書かれてたので、飲んだんですが・・・
あまり効きませんでした(笑)
極限に眠かった時だったからいけなかったんでしょうか・・・
主成分はカフェインということで、コーヒー飲むのとあまり変わらないんじゃないかなと思います。

■勉強時間を工夫する

jugyou
夜遅くまで勉強して、朝早く起きて学校に行く毎日を続けてたら、そのうち疲れがたまって集中力はなくなり思考力も低下します。
私が予備校の先生に勧められたのは、休みの日は朝5時に起きて昼まで勉強する。
そしてそのあとは勉強せずに夜も早く寝る。

確かに午前中のほうが勉強の効率がいいし、7時間勉強できたらじゅうぶんです。
夜も早く寝れるので、月曜からは頭すっきり!
授業にも集中できます。

そう。平日は授業中こそ受験勉強の時間だと思ってください。
そしたら深夜遅くまで勉強する必要はありません。
とにかく授業中に習ったことはその場で覚えてしまう。後で覚えようとか思わないこと。
日本史の時間に英語の勉強をしたりはNGですよ。
その時間習ったことを覚えるという意識で。
受験に関係ない科目だとしても、中間・期末テストはあるでしょう?
わざわざ中間・期末のために勉強しなくていいように、その時間内に覚えましょう。

学校の授業を軽く見てる人が多いんですよね。
授業中にわからないことを解決しておけば、あとからまた時間を作らなくていいのになーと思うわけです。
私の友達は、塾に通ったこともなく、学校の授業だけを真剣に聞いてわからないことはその時間内に質問するなどして解決し、愛知県で1位になり、某有名国立大学に現役合格しました。
彼から教えてもらった方法なので、間違いないと思います。
受験生の皆様の検討を祈ります!!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る