うつ病患者には、追い込まないような接し方をしよう

utubyou

あなたの親しい人の中に、うつ病に苦しんでる人はいますか?

私の昔の職場には、うつ病の男性がいました。
彼は重症で、何度もアパートから飛び降りて、自殺未遂を繰り返していました。

うつ病なんて甘えだ!!ってずっと思ってたけど、彼に会って、うつ病は本当につらい病気なんだなということがわかりました。

スポンサーリンク

うつ病患者に「頑張って」は禁句?

よく、うつ病の人に「頑張って」と言ったらいけないっていいますよね?

ではなんて言えばいいのか?
ベストなのは「みんな辛いんだよ」だそうです。

 

うわ~。
私なら逆にイラッと来るけどなぁ。

みんな辛いからなに?
みんな辛かったら私も辛くていいわけ? って。

 

私はやっぱり、「頑張って」が嬉しいなぁ。
ただ「頑張れ」だけじゃなくて、「がんばってやってみよ!」とか、安心できるような優しい笑顔で言われたいw

 

もちろん、追い込むような「頑張れ」はダメだと思う。

たとえば、鬱でどうしようもなくて「もういやだ。死にたい」とか言ってる人に
「おい!頑張れよ!!!」「なにいってんだよ!!だらしねえぞ!!」「みんな頑張ってんだぞ!!」とか、もうアホかと思いますよね。

でも、そんな状況で「みんな辛いんだよ」も心に響くのかな・・・?
てか言葉なんてどうでもよくない?
こっちの気持ちが伝わればいいんじゃないの?

 

だいたい、日本人だけじゃないのかな。言葉にこだわり過ぎるの。
頑張れとかいうニュアンスの言葉が少ないから、こだわっちゃうのかな。

 

英語だとちょうどよさそうな表現がある

英語だと「頑張れ」ってプレッシャーを与えないような言い方がいろいろあるんですよね。
上の追い込むような言い方は「Do your best!」だと思う。

 

「Good luck!」は「幸運を祈ってる」って意味のがんばって!
「Good luck in your new school!」とかだと、「新しい学校で頑張ってね!」って感じになると思う。たぶんw
英文科卒なので、正しいはず!!!

「You can do it!」は、なにかチャレンジしようとしてる人に対して応援するときの「頑張って!」

「Hang in there」は、きつそうな状況の人に対して「あきらめないで!」っていう感じで使います。

 

私が友達の留学生、Adamによく言われてたのは「Keep up!」
最初、キーパーと聞こえて、キーパーじゃねーよwって思ってましたw

あと、アダムは「First of all」とよく言うんですが、これも「フェスティバル」と聞こえて、祭りじゃねーよwとか思ってましたw

 

言葉よりも接し方

高校の時からの友達に躁うつ病の子がいるんですが、その子に聞いてみたら、話を聞いてくれること、否定しないこと、関心を持ってくれることで、だいぶ精神が安定すると言ってました。

言葉よりも、その人への接し方が大事なんですね。

安心させるような接し方をするなかで「頑張って」と言うのと、否定ばかりして、ただ「頑張れ」と言うのでは全然違うってことです。

あと、怒ったり威圧的な態度はNGだと思う。

 

あまり腫れ物を触るように接したくはないけど、何気ない一言が、追い込んでることもあるってことを覚えておいてほしいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る