貧乏生活は必ずしも悪いものではない

貧乏

我が家(実家)はある時期から急に貧乏になった。
父の不動産会社が倒産したからだ。

小学生の私は倒産のことなんて知らなかったけど、なんとなく貧乏になったことは感じていた。

 

ある日、先生に給食費を払うように、料金袋をもらった。
よく見ると、3か月滞納してる。

3か月で9000円くらいだったと思う。

スポンサーリンク

私が悪いわけではないけど、なんとなく母に言うことができなかった。

なので、私は自分のお小遣いも含め、家じゅうの小銭をかき集めて、9000円分ビニール袋に詰め、先生に提出した。

 

ホッとしたのもつかの間。
先生は思わぬ行動に出た。

ちゃんと9000円分あるのだから、そのまま徴収しとけばいいのに、先生は母に電話をして「小銭ばかりで提出されてましたけど、何かあったんですか?」的なことを聞いたらしいのだ。

このKY!!!

そんなもん、だまって受け取っとけばいいのに!!!

母は慌ててお札を用意して先生に持って行ってくれたけど、小銭じゃいけなかった理由が未だにわからない。

 

貧乏だからって悪いことばかりではない

貧乏は辛い。
貧乏は嫌なもの。

でも、貧乏だからってすべて悪いとは思わない。

 

そりゃー給食費が払えなかったり、借金取りから追われるほどの貧乏は絶対に避けなければならないと思うけど、
ちょっとした貧乏なら、人間の心を豊かにするのでは?とさえ思う。

実際、私や弟は、母への労わりや感謝の気持ちがものすごく強く
貧乏だった分、家族の絆は深かったように思う。

 

限られたお金で買い物に行くと、その範囲で買えるものを一生懸命選ぶんですよ。
近所に大型スーパーができて、セールやってるけど、使えるお金は1500円だけ。
それでも1500円で考えられる限り効率的に買いたいものを買う。

広告に安い家具とか載ってたら、その広告を持って家具屋さんに行くんですよ。
そして展示されてないと、店員さんに聞いてその商品をゲットする。

なんかこういうのって楽しいんです。

 

そう。貧乏だと買い物が楽しい。
安いものしか買えないけど、それでも楽しい。

もののありがたみがとてもよくわかる。

 

正しい金銭感覚が身に付く

私は貧乏が悪だと思ってたから、独身時代は一生懸命働いて家にお金を入れ、さらに貯金をしていたし
付き合う相手も、税理士や警察官、放射線技師など、しっかりと稼いでる人ばかり選んだし(めっちゃ嫌な女だけど、ド貧乏を経験したからこそですw)
結婚相手もちゃんとした仕事の人を選びました。(やや失敗だったけどw)

 

なんだかんだと強がりやキレイごとを言っても
女の人生は、結局男次第なんですよ。

 

結果的に、会社が吸収され夫の給料は下がったけど、土地も家も山も持ってるし
あのときのように貧乏になることはないです。

そして、私もより豊かな生活を手に入れるために副業を頑張っています。

その結果、子供たちと買い物に行っても、欲しいものを買ってあげられます。
お金のことで惨めな思いをさせることはありません。

 

でもそれがはたしてこの子たちのためになってるのか?

この子たちはモノのありがたみをわかってるのか?

お金のことをちゃんと考えながら買い物してるのか?

最近それをすごく疑問に思います。

もっと我慢させないといけないのかな。

でもほんとに貧乏でないと、買えない状況を肌で感じることはできないんですよね。

 

貧乏をただ悲観するだけの人はダメ

もしあなたが今貧乏だとしたら、貧乏から脱出するための努力を怠ってはいけないと思いますが
貧乏を楽しむってことも大事だと思います。

振り返って、「あの貧乏時代も楽しかったな」と思えるように。

 

そのためには、将来、貧乏から抜け出さないといけません。
だから向上心だけは忘れないでほしいです。

やりくりに頭が痛くても、借金さえしなければ、どうにか生活はできるから、万引きや窃盗、ひったくり、強盗、詐欺などの犯罪を犯すのではなく、正々堂々とお金を稼ぎましょう。

 

貧乏出身な人は輝いている

貧乏は脳を刺激します。

お笑い芸人のなかにも、ものすごい貧乏出身の人たちって面白い人が多いでしょ。
貧乏出身の子って発想が豊かなんだと思うんです。

そりゃそうだよね。

限られたおもちゃで、めいっぱい想像力を膨らまして遊ぶんだから。

 

私の友達に、塾や通信教育などは一切受けず、学校の授業だけで県で1番になった人がいます。
お金がないから塾には行かないと言ってました。
というか、わからんところは学校の先生に聞けばよくない?という考え方で
授業中もすっごく集中してました。

なんかとてもかっこよかったです。

 

なに不自由なく大きくなった子と、不自由だらけで大きくなった子って、絶対人間の幅が違います。

なに不自由なく育ってる子を否定するわけではありません。
ただ、貧乏な家庭の子の心や精神は、ものすごく成長するんじゃないかと思うのです。
それをバネに成功してやろうっていうハングリー精神や
親にラクな生活をさせてやろうっていう気持ちは、裕福な子供には持ちえない感情ですよね。

 

貧乏になれとは言わないけど
貧乏な経験は素晴らしいものだということは確かです。

あなたが今、貧乏だとしたら、神様がくれた試練だと思って、清く正しく楽しく乗り越えましょう。
きっといいことが待ってます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る