結婚式のご祝儀、いくら包んだらいいの?

ご祝儀袋

昨日、主人のお兄さんの二男、つまり甥っ子が「結婚するから、彼女を連れて挨拶に来る」と突然電話してきて、その数時間後彼女を連れて挨拶に来ました。
突然だったので、なにも用意できずにお茶だけ出して少し話をしましたが、結婚式は来春にするということでした。

私はアラフォーなので、友達の結婚式に呼ばれることはほとんどなくなり、結婚式用のスーツやワンピースも年相応でなくなってしまってます。
また買わないといけませんね。
子供たちもフォーマルな服はほとんど持ってないので、買ってあげなくてはと、ちょっとあわただしい雰囲気になってきました。

服装などはどうとでもなるんですが、気になるのはご祝儀(笑)
いくら包んだらいいんでしょうね?

調べてみたら、新郎新婦との関係や年代によってご祝儀の額は違うようです。
友人の場合、呼ばれる側が20代だったら2~3万円
30代以上だったら、3~5万円だそうです。

いとこだったら、20代⇒2~3万円
30代⇒3~5万円
40代⇒5~10万円

甥・姪は、30代⇒3~5万円
40代⇒5~10万円

兄弟は、20代⇒5万円
30代⇒3~5万円
40代⇒5~10万円

会社の同僚
20代⇒2~3万円
30代⇒3万円
40代⇒3万円

会社の部下
20代⇒2~3万円
30代⇒2~3万円
40代⇒3万円

身内や親戚は、それまでの関係も金額にかかわってくると思うので、一概には言えませんね。

会社関係には、3万円包んどけば間違いないようですが、それほど親しくもないのになぜかよばれた・・・ってときは、2万円でいいんじゃないかと思います。
昔は2万円って割り切れるから縁起が悪いなんて言われてたけど、最近そんなこと気にする人も少なくなりましたからね。

ちなみに、うちは田舎なので「隣組」というものがあり、隣組の誰かが結婚するときは必ず出席しなければいけません。
その時のご祝儀は、1万円と決められてます。こんな風に一律いくらって決められてたらラクですよね(笑)

で、こういうお祝い事は、よっぽどほかの先約がない限り、出席したほうがいいと思います。
今後の関係にもひびが入りかねないし、それよりなにより幸せな二人の幸せオーラをおすそ分けしてもらいましょう!
幸せオーラというのは、もらえばもらうほど自分も幸せになれますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る