毎月の支出を把握しよう

毎月の支出を把握しよう

手取り月収から先取り貯蓄分を引いたお金で生活をして赤字になる人や、1年間の貯蓄額から目標の貯蓄額を引いた額がマイナスになる人は、毎月の支出内容に問題がある可能性があります。
まずは1か月間、使ったお金をすべて書き出してみましょう。そしてできれば2か月、3か月とチェックできたら平均値が取れて家計の特徴をつかめます。

 

スポンサーリンク

使ったお金を把握するには、家計簿をつけるほか、手帳などに金額をメモする方法やレシートを取っておく方法があります。100円以下は四捨五入するなど、細かい端数を気にしないのも続けるコツです。
家計簿が一緒になった手帳やお金を貯めるための手帳なども、たくさん販売されてるので、そういうのを使ってもいいですね。
ただ、こまめに記入していかないと途中でお金が合わなくなるので、なるべく毎日記録していくように習慣づけましょう。

生活費の支出を把握する

手帳や携帯電話にメモする
ほぼ毎日買い物する人にお勧めの方法。手帳の余白や携帯電話のメモ帳などに勝ったものと金額をメモします。忘れないよう、お金を使ったらその場で書く習慣をつけましょう。

レシートをとっておく
まとめ買いするという人におすすめの方法。買い物をしたら必ずレシートをもらい、封筒などに入れておきます。食費・日用雑貨費などにザックリと分けておくと集計が楽です。

支出を集計してノートなどに書き込む
1週間おきくらいに支出を集計し、ノートなどに書き写します。1か月経ったら、以下の表に支出をすべて書き込みましょう。水道・光熱費や通信費は明細を確認して記入してください。

 

項目 1か月目 2か月目 3か月目 平均額
食費    円    円    円    円
住居費    円    円    円    円
水道・光熱費(電気・ガス)    円    円    円    円
通信費(プロバイダー代も)    円    円    円    円
日用雑貨費    円    円    円    円
趣味・娯楽費    円    円    円    円
被服費    円    円    円    円
交際費    円    円    円    円
こづかい    円    円    円    円
子ども費    円    円    円    円
その他    円    円    円    円
保険料    円    円    円    円
貯蓄    円    円    円    円
支出計    円    円    円    円

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る