近視はトレーニングでよくなるってほんと!?

ttt02

今年の2月くらいだったか、うちの子が通ってる小学校の校長先生のお父様が亡くなり、PTA代表として葬儀に参列しました。
その帰り、娘の担任の先生から「〇〇ちゃん(娘)から、視力のお知らせもらいましたか?」と聞かれ、なんのことかとあわてた私。

先生によると、視力がいきなり悪くなっていたようで、眼科に行ってくださいとのこと。

 

帰って娘に聞いてみたら、うつむいて泣き出してしまった(;´Д`)

どうやら、視力が悪くなったことを私に言うのが怖くて、言いだせなかったらしい。

 

目が見えにくかったなんて、全然気付かなかった。
目を細めたりすることもなかったし、テレビに近づいてみるようなこともなかったから、本気で気付かなかった。
でも、毎日一緒にいるのに、気付いてやれなくてごめん!!!

 

で、早速翌日眼科に行ったら右が0.1、左が0.3くらいでした。

うわぁ。

結構悪くなってるね><

眼科医は「目薬を1ヵ月差してみて、様子を見ましょう」とだけしか言わず、どうせそんなの効果はないことは分かっていたので、ネットで調べました。

そしたら、子供の目の悪さは仮性近視であることが多く、トレーニングしたら治る可能性は高いということでした。

 

自宅でやる視力トレーニングは有効?

うちは田舎なので、視力回復センターとかは近くになく、自宅でできるキットを通販で購入することにしました。
いろんなボードを使って、目を動かしたり読み取ったりするもので、まじめに毎日やってました。

でも、なんかそのトレーニングって、近くでボードを見せて目を動かしたりするので、これって遠くのものを見るトレーニングになってるんだろうか?と疑問に思い始め、ちょっと遠いけど視力回復の指導をしてるところに行ってみました。

するとまず、視力が低下するしくみを教えてくれました。

 

視力が低下する原因

目は、水晶体でピントを調節して手、遠くのものを見るときは筋肉を緩めてピントを遠くに合わせ、近くのものを見るときは筋肉をギュッと絞ってピントを合わせるそうです。

読書、手芸、携帯型ゲーム、スマホなど、手元だったり目を近づけて行う作業や、目を凝らしてじっと見る行為を長く続けていたりすると、近くのモノにずっとピントを合わせ続けるため、目の筋肉が凝り固まってしまい、近視になるそうです。

ちなみに乱視は目の表面がでこぼこしてるのが原因らしく、目を強くこすったりするとよりひどくなるので、乱視を持ってる人は目をこすらないほうがいいらしいですよ!

 

どんなトレーニングをしたらいいの?

近視の場合、近くでものを見せるようなトレーニングは、全く効果がないと言われました。Σ(゚д゚lll)ガーン

 

遠くのものを見る訓練をすることが大事で、そこでのトレーニングは主に3~5メートル離れたところから、視力を計るヤツを順番に見ていく、みたいなことを中心にやります。

普段の生活も、勉強とかゲームとかお絵かきとか、なるべく手元で目を使うようなことは30分に一度休憩を入れ、目の体操をしなさいと言われました。

 

遊ぶなら室内よりも屋外でキャッチボールとかバドミントンなどボールをつかったものがいいそうです。
遠くのボールを目で追うことで、目のトレーニングになるとか。

あとそこではソニマックという機械を使って、目の固まった筋肉をほぐします。
ttt01

トレーニングは効果あり!!

家でもちょっとしたトレーニングを毎日20分くらいやって、これを半年ほど続けたところ、娘の視力は学校の判定で右D左Dだったのが右C左Bになりました。

でも子供の眼球はまだ小さく、成長とともに眼球も大きくなり、その分屈折度が大きくなるので、油断するとすぐに悪くなります。
だからできるだけこのトレーニングは続けないと。大変だけどw

 

気になる視力回復センターの金額ですが、初年度は20万円で次年度から5~6万円です。

たくさん稼がなければ!!w

 

ちょっとだけ視力が低下し始めてるかも!って方は、こういう眼鏡を使って屈折度を調節してトレーニングするっていうのも有効な方法だそうです。
ttt03
近視・乱視・老眼・疲れ目に最適「ピンホールアイマスク」

お子さんの視力、できるだけ守ってあげたいですね!

 

ちなみに、大人も目のトレーニングは有効だそうです。
実際、通ってる方がいました。レーシックをしたけど、また視力が低下してきたからトレーニングしてるそうです。

私もちょっと悪くなりかけてるみたいなので、せめて30分おきに目を休めるようにしよーっと!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る