つらい手荒れの原因と対策を教えて!

手

手荒れって地味に辛いですよね。
私は年中手荒れに悩まされています。

手が荒れ始めたのは、大学生の時に飲食店でバイトを始めたあたりから。
とにかくバイトの間は、何回も何回も手を洗い、消毒しなければいけませんでした。
なので、手荒れの原因は消毒だろうと思ってたんですが、調べてみると、実は手洗いが原因だったんです。

[ip5_heading type=”h1″ style=”subheader–medium” title=”手荒れの原因” ]

手を洗うことで手の皮脂膜が剥がれ落ち、手が乾燥しやすくなります。
乾燥することで角質が硬くなり、ガサガサになるんですね。
柔軟性のある肌と硬くなった肌では、圧倒的に硬い肌のほうが傷つきやすいです。
やわらかいおもちはひび割れないけど、固くなるとひび割れてきますよね。
それといっしょです。

主婦が手荒れしやすいのは、水仕事が多いからです。
しかも油を落とす洗剤を使うので、なおさら荒れやすくなります。

極端な話、手を洗剤や石鹸で洗わなければ手荒れは治ります。
でもそういうわけにはいきません。

[ip5_heading type=”h1″ style=”subheader–medium” title=”手荒れ対策” ]

水仕事をするときは、なるべくゴム手袋を着用しましょう。
油汚れを落とす食器用洗剤とお湯の組み合わせは、手荒れの大敵です。
手の油分がすべて洗い流されてしまいます。
ゴム手袋そのものにアレルギー反応がある人は、内履き手袋をしてからゴム手袋を着用してください。これだけで全然違いますよ。

 

[ip5_column size=”two-third” position=”first” ]
洗剤を見直すことも大事です。
オリーブオイル配合の「アレッポの石鹸」は油分が多いので、かさつきがだいぶ解消されるそうです。
シャンプーとして使ってもいいとか。
子供も、小さい時から普通の合成洗剤でごしごし洗ってたら、髪も潤いがなくなるし皮膚も荒れやすくなってしまいます。
こういうオリーブ油由来の石鹸は、今とても売れており、個人的にもとてもおすすめします。
[/ip5_column]
[ip5_column size=”one-third” position=”last” ]

[/ip5_column]
ハンドクリームもしっかり成分を見て、尿素や天然オイルが入っているものを選ぶようにしましょう。
私がいろいろ使ってみて一番よかったのは、シンプルですが「ワセリン」です。

とても肌に優しい天然成分のオイルなので、お子さんにも安心して使って大丈夫です。

 

[ip5_heading type=”h1″ style=”subheader–medium” title=”まとめ” ]

・手洗いの際は、時間をかけて合成洗剤でゴシゴシ洗わないこと(手早く洗う)

・天然由来のオイルが入った石鹸やハンドクリームを使うこと

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る